龍馬のプロフィール【副業の武器】6つの人生の分岐点

龍馬
龍馬
当ブログを訪問して下さり、誠にありがとうございます。

 

みなさん、こんにちは。龍馬()です。

 

今回は「私のプロフィール」「副業に対する熱い想い」について語りたいと思います。

龍馬の学生時代

私は大学時代にさまざまなアルバイトを経験してきました。

というのも超貧乏大学生だったからです・・・○| ̄|_

「残高がゼロ円になる恐怖」を何度も経験し、ギリギリのところで乗り越えてきました。

「あと三日間(給料日まで)、キャベツ一個で乗り切るしかない・・・」

「あ、ヤバイ・・・。水が止められた。トイレすら使えない・・・」

こんな経験をしたことあるでしょうか?

もう、なんとも言えない感覚です。

「不安で胸が押し潰されるような」感覚です。

毎日、出口の見えないトンネルのような生活でした・・・。

でもこんな状況を救ってくれたふたりの母がいました。

  1. (家庭教師)訪問先の母親
  2. (バーテンダー)雇い主の店長

(家庭教師)訪問先の母親

私がご飯に困っている状況を知ったとき、訪問先の母親は、

「今後、レッスンのある日は30分早く来てください。晩ご飯を用意しておきますから」

と言って、毎回、暖かい手料理を用意しておいてくれました。

いや〜、心の底から嬉しかったですね。

人間の暖かさに触れて、本当に泣きました・・・。

生徒は無事に志望校に合格し、家庭教師としての任務は終わっています。

しかし15年以上経った今でも、年賀状で近況報告を続けています。

私の大切な恩人のひとりです。

(バーテンダー)雇い主の店長

老舗の格式高いBARでした。私はこのBARに憧れて、

「ここで働かせてください!何でもやります!」

と店長に懇願しました。

もちろん断られましたが、

「あなたの人間性がわからないから雇えないわ。バーテンダーは特別な存在なのよ。」

と言われました。

その後「BARとは何か?」「バーテンダーに必要な素質は何なのか?」を学んでから、何度も、何度もチャレンジしました。

そして、やっと、3ヶ月後にOKをもらいました。

その後、店長は私を厳しく指導しつつも、家族同然に扱ってくれました。

仕事が終わってから、何度も食事に連れて行ってもらい、さまざまなアドバイスをもらいました。

・バーテンダーの心得

・接客の仕方

・固定ファンの作り方

・将来のビジョン

まさに、上司・部下の関係を超えた「人間の暖かさ」に触れることができました。

 

ふたりの母から学んだこと

私はふたりの母から下記の3点を学びました。

  • 困っている人がいたら助けてあげる

  • 愛情を持って接してあげる

  • 困っている人に「解決策」を教えてあげる

まさしくマザー・テレサの教えのようですね。

愛とは、大きな愛情をもって小さなことをすることです。

大切なのは、どれだけ多くを与えたかではなく、それを与えることに、どれだけ愛をこめたかです。

上記の2つは、私が大好きなマザー・テレサの名言です。

愛情やアドバイスには「与え方」があるのですね。深いですね〜。

龍馬
龍馬
このブログでもマザー・テレサの教えを守りながら、情報を発信していきたいと思います(笑)

 

龍馬のサラリーマン時代

東京の某国立大学・大学院を卒業した後、メーカーに就職しました。

もともと機械工学を専攻していたので、そのまま開発者・設計者になりました。

複雑な構造体を設計したり、三次元CAD・CAEでさまざまな解析を行っていました。

「世界初の○○○○○を商品化したい!!」

「まだ世の中に無いものを開発してみたい!!」

かなり熱い若手エンジニアだったと思います。

そんな中、新商品を開発していく過程で、海外のクライアントと「技術的な課題」を打ち合わせる場面がありました。

そしてクライアント目線になればなるほど、商品企画力(商品の価値・機能・ビジネス性の総合力)がないと、会話にならないことに気づきました。

同時に、商品企画力があれば、これは導入する・導入しない、の判断をすぐに行うことが可能になることを知りました。

 

この時にある想いを抱きます・・・。

 

「海外で仕事してみたい・・・。商品企画の最前線に行ってみたい・・・。」

 

そして、その想いが受け入れられ、海外赴任をすることになりました。

スポンサーリンク

シンガポール赴任

ここで初めて「英語で仕事をする大変さ」を痛感しました。

日本で海外のクライアントと仕事してきた時も「それなり」にこなしてきていたので、「それなり」に自信がありました。

しかし、それは「先方が手加減してくれていただけ」だったのです。

語圏(シンガポール)で英語を話せない奴なんて、迷惑のカタマリでしかないんですよね・・・○| ̄|_

※この時の経緯は下記に詳しく書いてありますので割愛します。

英語って何?【TOEIC 900点でも役立たず?】海外赴任経験者が解説!武器を増やして本業・副業で稼ごう!「英語は武器(スキル)ではなく、道具(ツール)」です。英語力という基礎の上に、どのような専門分野、ビジネススキル、交渉力を加られるかが重要です。ぜひ短期間で自分を追い込んで、英語を卒業してしまいましょう!!...

世界中で仕事ができる楽しさを経験!

数年後「英語の壁」を超えた私は「どんな仕事でもどーんと来い!」と言えるほど、何でもこなせるようになりました。

やはり海外で仕事をする醍醐味は「何でもできるようになる」という点でしょうか。

日本にいるときと比べて、ひとりでカバーする範囲が圧倒的に広いんですよね。

「何事においても物怖じしない精神力と処理能力」を得た私は、世界中を飛び回る生活をすることになります。

そしてある時に気付きました。

もしかして、いま、数年前になりたかった自分に、なれているかも・・・

ある日、突然やってきた「気付き」でした。嬉しかったですね。

「そっか〜、ここまで来たか〜」という感じ。

何度も挫折しそうになり、何度も逃げたくなったのですが、なんとかここまで来れました。

 

「絶対に逃げない!!」

 

これは私が海外赴任中にずーーーーっと心の中で叫んでいたフレーズです。

そして今も心の中にしまっています。

歯を食いしばって、挑戦し続けてきて、本当によかったです。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスによるリストラ・給料削減

そんな中、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るいはじめました。

外資系企業ということもあり、あまり実績を出していない社員は容赦なく切られました。

そして勤務時間が大幅に短縮され、給料も大幅にカット・・・。

私の給料は昨年と比べると5〜6割も下がってしまいました。

この状況、何とかしないとマズいですよね・・・?

副業で収入源を増やそう!

これまで記載してきた通り、私はサラリーマンとして、全力で仕事をしてきました。

まだ30代ですし、会社から見たら、コストパフォーマンスが良い方だと思います。

それでも、給料は大幅カットされてしまいましたし、もしかしたらリストラされるかもしれません。

ここでお伝えしたいメッセージはひとつ。

もう会社に依存するのはやめましょう!

 

正直、どんなに会社で実績があったとしても、リストラされるときは一瞬です。

 

「備あれば、憂いなし・・・」

 

いますぐ、副業をはじめましょう!

 

「脱・会社依存」です!!

 

龍馬
龍馬
これから私も全力で副業の収益を伸ばしていきます。

みなさんも一緒にはじめませんか?

 

▼下記は私がこれまで経験してきた「具体的な副業のやり方」です。

【副業で稼ぐ!】具体的な稼ぎ方の総まとめ【レベル①〜⑧】累計 7桁達成サラリーマンが解説!私がこれまで体験してきた副業を、体系的にまとめました。副業で稼ぐための具体的な方法や、準備の仕方を記載しています。ぜひ参考にしてみてください。...
副業で稼ぐ武器(スキル)を見つける方法!【副業収入7桁のサラリーマンが解説】新型コロナウイルス感染症対策として緊急事態宣言が発令されてから、給料大幅カット、残業代ゼロ、ひどい場合は解雇された方もいらっしゃるのではないでしょうか?これまでのような会社(一社)依存は非常に危険な状態であることが明白になりました。本業の収入だけではなく、副業で収入の柱を増やしていきませんか?ぜひ一緒に乗り越えましょう...